必見!埼玉のおすすめ賃貸管理会社徹底ガイド

HOME » アパート管理を委託する前に知っておきたいこと » 【特集】一括借り上げのススメ

【特集】一括借り上げのススメ

アパートやマンションの賃貸経営を行う際の、一括借り上げとは何かについて、メリットや注意点なども交えながら解説していきたいと思います。

アパート・マンションの一括借り上げとは、そのメリットとは

一括借り上げ方式は、簡単にいえば、賃貸物件を文字通り、管理業者に借り上げてもらい、管理会社から毎月所定の借り上げ料を受け取る方式です。

そして管理業者は、本来は物件オーナーが行うべき業務を一括して代行するという方式です。

この一括借り上げ方式における、物件オーナーにとっての最大のメリットは何と言っても、空室リスク・家賃滞納リスクの心配がなくなるという点につきるでしょう。

入居者との賃貸借契約や家賃滞納時の督促などはすべて管理会社の領分となり、仮に空室や滞納が発生したとしても、オーナーには一定額の家賃収入が保証されます。

しかしながら、ひと口に一括借り上げ方式と言っても、実施する業社によって内容や条件、期間などは実に千差万別です。

これらを精査せず安易に契約してしまうと、結果的に物件オーナーが損や不利益を被るケースも起こりえます。

例えば、実際にあった事例として、「30年一括借り上げ」を広告でアピールしていた大手業者が、「周辺の賃料相場下落」という理由で、僅か2年で賃料の10%ダウンを強要したというエピソードがあります。

広告で30年一括と謳っておきながら、実際の契約書には「一定期間ごとに、借り上げ賃料を見直す」という文言が入っており、これを盾にされてしまったそうです。

実に嘆かわしいことですが、不動産業界には未だこの類の業社も決して少なくはありません。

逆に、契約期間を最初に明示し、借り上げ賃料の見直しを条件とせず固定としている業者であれば、信頼度は高いと言えるでしょう。

営業エリアにおける仲介力・客付け力に自信を持っている証とも言えます。これならばオーナーの安心度も高いと言えるでしょう。

また、もうひとつ付け加えておきますと、一括借り上げの場合は一般的な管理委託の場合と比べ、手数料は割高になるのが現実です。

しかし、前述の通り、空室リスクや家賃滞納リスクが回避でき、煩わしい交渉や手続きからも解放されるという点を鑑みれば、メリットの方が大きいと言えます。

そのメリットを享受するためにも、繰り返しになりますが、一括借り上げの条件は慎重に判断すべきです。契約内容はくれぐれも吟味してください。