必見!埼玉のおすすめ賃貸管理会社徹底ガイド

HOME » アパート管理を委託する前に知っておきたいこと » 委託できる業務

委託できる業務

家賃回収代行や不動産物件の客付けなど、賃貸物件オーナーが賃貸管理業者に委託できる主な業務内容について掘り下げていきたいと思います。

家賃回収代行や不動産物件の客付けを業者委託するメリット

結論から先に言ってしまいますと、賃貸物件オーナーの仕事は想像している以上にたくさんあり、全てをご自身だけでこなすのは不可能ではないものの、かなり大変と言えます。

これは経営する物件の規模が大きくなるほど比例していきます。そのため、各種業務をしっかりサポートしてくれる管理業者選びが大切になります。

例えば、不動産物件の客付け(入居者の募集)。

これは「餅は餅屋」の諺の通り、その道のプロである不動産仲介業者のサポートが不可欠です。

単に入居者を集うだけでなく、入居者の審査や質問に対する回答、クレーム対応、家賃や礼金・敷金の交渉にまでおよびます。

また、入居者が無事確保できた後には、今度は家賃の回収という重要な任務が待っています。

これがしっかり行えないと、賃貸経営に大きな支障をきたすことは言うまでもありません。

もちろん家賃の滞納が発生した場合は、督促などより大きな手間がかかります。またこれら以外にも、ペットの無断飼育や騒音トラブル、ゴミ出しルールを守らないなどの入居者トラブルへの対応も必要になります。

加えて、物件の管理という面でも、階段、エントランス、外構などの共用部分の清掃や、電気・ガス・給排水設備などの定期点検やメンテナンス、外壁の傷み・塗装のはがれ・鉄部の錆・樋の破損・外構の破損などが発生した場合の修理依頼などが必要になってきます。

以上に挙げた項目だけでも、オーナーが自らすべて行なうことはかなり困難と言ってよいでしょう。

ましてや、会社勤めや自営業などの本業を持ちながら賃貸経営を並行して行なう場合はなおさらです。

一方、管理会社にこれらの業務を委託すれば、オーナーは煩わしく不慣れな対応から解放されることになります。

また、経営する賃貸物件が遠隔地の場合などにおいても、そのメリットは大きいと言えるでしょう。

その際、物件オーナーが考慮すべきは、管理委託を依頼する際の費用と、委託できる業務内容の範囲との兼ね合いです。

一般的な相場としては、家賃収入の5%程度となっていますが、あくまでも目安であり、業者によっても委託内容によっても異なってきます。

その釣り合いがとれているかどうかを十分に検討することが不可欠です。

では具体的に、賃貸管理を委託する業社はどのように選ぶべきでしょうか?詳しくは「優良業者の選び方」のページにて取りまとめていますので、ぜひご覧ください。