必見!埼玉のおすすめ賃貸管理会社徹底ガイド

HOME » アパート管理を委託する前に知っておきたいこと » 管理会社の変更について

管理会社の変更について

賃貸物件オーナーとアパート管理会社、あるいは入居者とアパート管理会社で起こりがちなトラブルや、管理会社を変更する場合の注意点などについて取りまとめていきたいと思います。

アパート管理会社とのよくあるトラブル

そもそものお話しとして、物件オーナーがアパート管理会社に業務委託をお願いする理由としては、その道のプロとしてのノウハウをパートナーとして提供してもらうためです。

より具体的には、入居者募集・入居者管理・物件管理の3つが主要項目となります。

しかしながら、これらのサービスに関してトラブルや不満、不履行、不信感などが生まれるというケースは決して珍しくありません。

その筆頭はなんと言っても、入居者を確保することができず、空室が長期間続いてしまうこと。

もちろんそうなれば、賃貸経営や銀行への返済、収入に大きな影響を与えます。

また、住民クレーム対応や家賃滞納に対して、適切な対応をしてもらえないといったケースも、決して珍しくはありません。

さらにひどいケースになると、建物のリフォームを必要以上に行い、リフォーム業者から賄賂を受け取るなどの事例も実際にあります。

程度の差は個々にあるとは思いますが、こうしたトラブルや問題があった場合は、はっきり言って変更した方がよいでしょう。

アパート管理会社を変更する流れ

では、管理会社を変更する場合、どのような点に注意すべきでしょうか?以下に主な内容をトロまとめてみました。

  • 入居者に管理会社変更を速やかに通知…管理会社の変更は数ヶ月程度のスパンで行われます。変更の2ヶ月前位までに、管理会社変更と家賃の新たな振込先を明記した書面を送付し、無用な混乱を招かないようにすべきです。
  • 契約内容の確認・必要に応じて書き換え…旧管理会社と新管理会社との契約内容に差違がないかどうかを確認します。定期巡回清掃、修繕の為の建物診断、配管検査などに変更がある場合は契約書の書き換えを行い、内容によっては入居者への説明や承を得るといった必要も生じます。
  • 敷金などの預かり金の引き継ぎ…入居者からの預かり敷金などがある場合は、旧管理会社から新管理会社への引き継ぎを行なった上で、新管理会社と保管方法を協議の上で実践しなければなりません。
  • 賃料の締日、送金日の確認…管理会社によっては、賃料の締め日と送金日が異なることがあります。「当月受領分を、翌々月払い」というような場合には、ローン返済などにも影響をもたらしますので、確認しておくべきです。
  • 新担当者の確認…新管理会社の体制や規模などにもよりますが、専任担当者がつくのかどうか、専任でなくても窓口となる担当者や部署はどこなのかをしっかり確認しておくべきです。